Lighting Aesthetics

リゾートホテル

「アートビオトープ那須」の照明デザインをコンサルティングさせていただく機会を得た。今回のプロデューサーであり二期倶楽部創業者である北山ひとみ氏のヴォイスを光に翻訳するというコンセプトでデザインしてみることを試みた。スイートヴィラ及び外構・庭園については照明計画の設計・監理を遂行した。このエントランスから右手奥に続くスロープを昇ると、レセプション・レストラン棟及びスイートヴィラ棟が連なる。翻訳において、どんな物語もその世界観はイントロで決まる。イルミネーションの控えめな輝きをエントランスに配することで、別乾坤(べつけんこん)に通じる静かな期待の始まりを表した。

スイートヴィラの照明は、昼間、森のなかを散歩している際に浴びる太陽の光を参照した。つまり間接光と直接光を適度に混ぜることにより生まれる自然な光を目指した。

各棟番号サインの夜間の光については、以下2点について満足できるよう特注製作したスポットライトを地面や植栽に向けて照射した反射光が当たるように計画した。

1:番号サイン反対側の人に対して、スポットライトが眩しくならないように間接光とすること

2:夜に植物が休めるように光の波長を緑色系にすること

 

住宅


ここ東京近郊に建つY邸は、中庭を囲むかたちで外部と隔てる内部環境としての家である。この家族にとっての快適な光とは、美しい気持ちをよびさます光による感覚的経験であると建築家とダイアローグを進めつつ、建築家のヴォイスを光に翻訳した。

エスセティクスのライティング

エスセティクスのマーケティングとは「組織やブランドのアイデンティティ創造に貢献する企業やブランドのアウトプットを通じて、感覚的経験をマーケティングすること」を指している。ならば、マーケティングをライティングに置き換えてみよう。それは偶然には生まれない。緻密に計算され、時間とエネルギーが投下されたのち、プレゼントされるライティングにちがいない。

※Marketing Aesthetics:The Strategic Management of Brands,Identity,and Image by Bernd H Schmitt and Alexander Simonson   (1997)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください