Lightigng Gradation

住宅

様々な光が混じり、それら織り成す光の粒子が天井、壁や床の表面をうつろい、グラデーションや濃淡が生まれる。光がマテリアルに変態した瞬間である。

グラデーションのライティング

均一に明るいだけの空間にはグラデーションは生まれない。陰翳・濃淡・諧調をマテリアルと共に生み出すことこそがライティングの魅力ではないのだろうか。それはもちろん自然の光にも存在する。それらを参照していきたい。

スロッピー

間接光と間接照明は似ているが、長いスパンのグラデーションを生むのは圧倒的に間接光からである。また、自然の光のグラデーションにムラ(斑)があるように人工の照明にもムラをつくり、スロッピーな文化のヴォイスやヴォキャブラリィとしたい。

 

 

自然

自然なグラデーションをつくるには、配光を慎重に選択しなくてはならない。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です